美味しいカニの見分け方とは?活きカニと茹でカニのポイントを紹介!

折角カニを食べるなら「おいしいカニを食べたい」と思いますよね?
実は、活きガニと茹でガニで、それぞれおいしいカニを見分けるコツがあることを知っていますか?
ここでは、初心者でも簡単に見分けられる、活きガニと茹でカニのポイントを紹介します!

 

美味しいカニは鮮度がいい

美味しいカニ

 

かには、鮮度が命の食材です。
ですので、ここでは、鮮度を見分けるところにもフォーカスを当てて行きたいと思います!

 

さて、カニの場合、水揚げしてから茹でる・茹でてから食べる、この両方の時間が短いものを最も鮮度が良いと表現できます。
店舗でカニを購入する場合は、水揚げしてから茹でる時間を明記している所が少ないため、茹でてからどれくらいの時間が経っているかを、見極めることが大切です。

 

また、通販サイトでカニを購入する場合、「カニの鮮度が分からない」と感じる人も多いでしょう。
しかし、実はカニの通販サイトの方が水揚げから茹でるまでの時間を記載している可能性が高いです。
業者のホームページを隅々までチェックして「水揚げ直後に茹でる」という言葉があれば、鮮度が高いと判断できます。
この場合、採れたてのカニをすぐに茹でているため、旨み成分がぎっしり詰まっています!

 

活きガニと茹でガニの見分け方

まず、本格的な美味しいカニの見分けた方を知る前に、基礎である活きカニと茹でガニの見分け方をご紹介します。

 

活きカニ

活きガニ

活きガニはその名の通り生きたままの状態なので、鮮度が高くなっています。
茶色っぽい色で、鮮度を保つために氷水へ入れているケースが多いです。

 

茹でガニ

茹でかに

『茹でガニ』は「ボイルガニ」と呼ばれることもあり、水揚げされてからカニを茹でた状態を指します。
カニは茹でると真っ赤に染まるため、活きガニとは色で簡単に区別できます。

 

通販では活きガニの取扱いは非常に少ないので、購入は市場や大型スーパーなどに限られてきますが、鮮度の高いカニを購入したい人は、『活きガニ』を選ぶのが良いでしょう!

美味しい活きガニの見分け方4選!


では、美味しい活きガニの見分け方を4つ紹介します!

 

鮮度

一般的に鮮度の良い活きガニですが、生簀などを元気に動いている個体に注目することが大切です。
特に氷水に漬けられている時は、時間が経つほどカニが弱っていきます。
つまり、元気なカニは新鮮であることを意味します。
また、活発に動いているカニは身が締まっているので、おいしく食べられる可能性が高いです。
逆に時間が経つと乾燥して、脚の付け根が空気によって焼けることで黒く変色します。
動きの良さ・乾燥具合・脚の付け根の色から、まずはカニの鮮度を判断することがポイントです。

 

甲羅の硬さや傷

色よりも違いが分かりやすい甲羅の硬さも、美味しいカニを選ぶ上で重要になります。
カニは脱皮を繰り返す生き物で、脱皮してから時間が経った個体ほど身が締まっています。
脱皮したてのカニは「若ガニ」と呼ばれ甲羅が柔らかく、指で押した時に甲羅が凹みます。
甲羅が柔らかい時期は敵から襲われないように身を隠すため、運動量が減って身がスカスカになりやすいです。
おいしいカニを選ぶなら脱皮してから時間が経過している、硬い甲羅のカニを選ぶ必要があります。
また、脱皮をすると傷も綺麗になってしまいます。
傷が残っているカニは脱皮してから活発に活動している証拠なので、身がぎっしり詰まっていると考えられます。
それでも、分かりにくい時は脚の最も太い部分を指で押してみて、最も太い部分がスカスカなら他の部分も期待できないため、購入を控えましょう。

 

甲羅のブツブツは要チェック!

美味しいカニ ブツブツ

おいしいカニを見極める時に最も重視した方が良いのは、甲羅に付着しているブツブツです。
なんとなく、綺麗なカニを購入しがちですが、実はブツブツこそカニのおいしさを表現しているバロメーターと言っても過言ではありません。
これは「フジツボ」や「カニビル」という生物で、硬いものに付着する性質があります。
つまり、ブツブツがあることはカニの甲羅が硬い証拠です。
さらに、脱皮していないカニほどブツブツが付着しているため、フジツボやカニビルが最も多いカニを選びましょう。
なお、このポイントは茹でる時に見栄えを気にして除去する業者も多く、活きガニならではの見分け方です。

 

腹の香りと色

甲羅をチェックした後はカニを裏返して腹を見ます。
新鮮なカニほど微かな香りしかしないので、強い香りがした時は要注意です。
強い香りは成分が甲羅の外に出ている証拠で、カニの旨みが半減しています。
カニの腹は本来、少し黄ばんだ白色になっています。
腹が真っ白で綺麗なカニは脱皮したての若ガニの可能性が高いので、腹が黄ばんだ個体を選びましょう。

 

美味しい茹でガニの見分け方3選!


次は、比較的取扱の多い茹でかにの見分け方を3つ紹介致します。

 

茹で方の違いに着目

茹でガニは、まず茹で方の違いを理解することが重要です。
「茹でガニ」「ボイルガニ」と呼ばれる種類は港で一括ボイルされているので、個体によって味にムラがあります。
『浜茹』と記載されている場合は店舗が独自の方法で茹でているため、店舗によって味わいはさまざまです。
茹で方が上手で信頼性の高い店舗なら、どのカニを購入してもおいしいです。

 

甲羅の色と状態

茹でガニは活きガニと違って甲羅の色で判別しやすいです。
真っ赤に染まり、艶やかで発色の良いものを選んでください。
逆に赤茶色やこげ茶色の個体は茹でてから時間が経過しているので、鮮度が低いと判断できます。
複数のカニで見比べると、色の違いは一目瞭然です。
また、茹でることによってカニ本来の硬さが失われているケースもあるため、硬さではなく湿り具合を確認します。
カニは茹で過ぎると甲羅が乾いて、硬く塩辛い味わいになります。
茹でが足りない時は脚を押した時に汁が出て来るので、適度に湿っているカニを選ぶのが得策です。

 

腹の香りと色

カニの腹

茹でガニはスーパーなどの店舗で販売されていることが多く、店舗ごとに独特の臭いがあります。
カニの腹に店舗の臭いが染みついている場合は、売り場に出されてから長時間経っていることを意味します。
活きガニと同じように微かにカニの香りがしないか、チェックすると良いでしょう。
また、腹の色を見るとおいしい茹でガニを見分けやすいです。
活きガニの時は腹が白いものを若ガニと言いましたが、カニは茹でると腹が白色になります。
そして、茹でる時間が短かった場合甲羅の中に詰まっている味噌が固まらずに他の細胞へ染み込み、本来は白色の腹が黒ずんでいきます。
ですので、黒色を避けて、旨み成分が凝縮されたままの腹の白いカニを選ぶことが大切です。
また、腹が黒色のカニは、味噌の油分が身まで浸透して味わいが低下しており、鮮度を保ちにくいことも意味しますので、腹が黒色のカニは決して選ばないでください。

 

種類ごとの美味しいカニの見分け方


市場に出回っているカニは主にズワイガニ・タラバガニ・毛ガニの3種類に絞られます。
上記で説明した見分け方と一緒に、種類ごとの美味しいカニの特徴を抑えましょう!

 

ズワイガニの場合

ズワイガニ

爪の大きい個体を選ぶことがコツです。
成長しきった個体なので最大限脱皮をした状態で、しっかり締まった身を堪能できます。

 

タラバガニの場合

タラバガニ

タラバガニは非常に見た目が似ている、アブラガニと見分けることが大切です。
甲羅の中央にあるH型の溝に6つ突起があるとタラバガニ4つの場合はアブラガニと判断できます。
活きタラバガニは青色アブラガニは紫色という違いもあります。
個体によって色や突起が見づらい場合は、脚の裏側がチェックポイントです。
脚の裏側が赤色の個体はタラバガニ赤色と白色が混在しているならアブラガニとなります。
最近は悪徳業者が減っているので偽装販売は減りつつありますが、念のため確認した方が良いかもしれません。

 

毛ガニの場合

毛ガニ

毛ガニは剛毛で覆われた種類で、色の違いが分かりにくいです。
ズワイガニやタラバガニと比べず、毛ガニ同士で色の濃さをチェックすることが重要となります。

 

その他のチェックポイント

タグつきカニ

 

身が詰まっているカニは重くなるため、複数のカニと重さを比べることも1つの方法です。
カニは大きさではなく、重さで見極める必要があります。
意外と大きいカニの方が身が詰まっていないケースも多いので、注意してください。
店舗によっては輸入カニと区別するために、都道府県名や漁船名を記載しているタグを付けていることがあります。
タグはブランドガニであることや、売り手が自信を持って販売していることを意味しています。
店舗ごとに考え方が違うので一概には言えませんが、タグの有無を目安にする方法も良いでしょう!

カニを見分ける時の注意点

注意

店舗でカニを選ぶ時は、店舗のルールを守りましょう。
特にスーパーのような大型店はカニに触れる、香りを嗅ぐといった行為を認めていない所が多いです。
逆に市場のような対面式の店舗によっては、コツを教えてくれるかもしれません。
どちらにしても、スタッフの方にカニの鮮度を確認したい旨を伝え、無断で商品であるカニに触る行為は控えましょう!
最低限のルールを守った上で紹介したポイントを参考に、質の高いカニを選んでください!

 

まとめ


カニは何よりも鮮度の良い個体がおいしいので、甲羅や腹から鮮度の高さをチェックすることが大切です。
おいしいカニを見極める知識があれば、冬場や年末年始に最高品質のカニを堪能できます。
また、近場にそういった売り場がなく、通販サイトでカニを購入する場合、多くの通販サイトではプロが選んだカニを送ってくれるので、とても便利です。
とは言え、カニの通販サイトも多いですから、口コミなどで具体的な感想が多い通販サイトを目安にする良いでしょう!
また、管理人が選んだ美味しいカニ通販サイトもありますので、こちらも参考にしてみて下さい!

 

カニのお取り寄せランキング